事故現場での対処方法

  1. 事故車を安全な場所へ移し、けが人がいる場合は 救護する。911で救急車を呼ぶ。
  2. 警察(所轄警察または911)へ連絡し事故調書を作成してもらう。事故の状況により必ずしも 事故現場へ来るとは限りませんが、警察へご自身の証言をはっきりと主張して下さい。
  3. 相手の情報を確認する。免許証、車輌登録証(レジストレーション)、保険証書の提示を求め、情報を控える。
  4. 目撃者を確認する。目撃証言してくれる人がいれば、氏名、連絡先を控える。
  5. 当社または保険会社まで速やかに連絡する。

ワンポイントアドバイス
特にご自身が被害者の場合ですが、相手側の情報はなるべく書面を確認し、ご自身で控えるようにしましょう。相手側からの口頭または記入された情報だけですと嘘の可能性もあり、後に連絡が取れず賠償請求できないという事もあります。

事故報告後の流れ

  1. 事故報告後24時間以内にお客様の事故受付専任担当者が決まります。担当者から事故詳細の確認で電話連絡があった時は、その事故当時の 内容をお話下さい。英語に自信がない方は、日本語通訳を付けた三者通話を依頼できますのでご利用下さい。
  2. お車の修理は保険会社からの損害査定、許可があるまでお待ち下さい。
  3. 保険会社での事故調査。ケースによりますが、通常2週間から4週間で過失の決定がなされます。
  4. ご自身側の過失になれば、相手方の損害に対し保険会社から保険金が支払われます。相手側過失の場合は相手保険会社より、ご自身側の損害に対する賠償金が支払われます。

 

カリフォルニア州でおきた事故で下記に該当する場合、DMVに報告する必要があります。

  • 物損事故で$750以上の被害が出た場合(2003年1月以前は$500)
  • 死傷者事故の場合(程度に問わず)

詳しくはDMVのホームページを参照ください。

http://www.dmv.ca.gov/forms/sr/sr1.htm